留萌で行える「手術をしない」最新の近視治療

留萌で行える「手術をしない」最新の近視治療

オルソケラトロジーレンズの仕組み

近視の視力を矯正にするには

そもそも近視の矯正には、目に入ってきた光が網膜上で焦点を結ぶ(=ピントが合う)ように、光の曲がり方(屈折)を変える必要があります。

オルソケラトロジー治療は、夜寝ている間にオルソケラトロジーレンズをつけて角膜の形状を平らに矯正し、光の屈折率を変化させることでピントが合うようにあります。

一般的なコンタクトレンズや眼鏡、レーシックと何が違うの

コンタクトレンズやメガネとの違い

コンタクトレンズや眼鏡は日中、活動している時間帯に装用しなければなりません。それに対し、オルソケラトロジーは、日中活動する時間帯に裸眼で快適に過ごせるよう、夜寝ている間につけて視力矯正します。

レーシックとの違い

レーシック一度手術を受けると角膜をもとに戻すことができません。一方、オルソケラトロジーは万が一治療が合わなかった場合でも、レンズの装用をやめれば角膜の形状はもとに戻るため、別の利用に切り替えることも可能です。

このように、オルソケラトロジーは日中の快適な「裸眼生活」が可能になる、手術のいらない視力矯正治療法といえます。

費用

全て自由診療のため、健康保険は使わない診療となります

適応検査費用 5,000円(税別)
初年度 両眼
片眼
150,000円(税別)
80,000円(税別)

費用にはレンズ・スターターキット・定期検査費等が含まれています。

2年目からは毎年定期検査費用として下記費用が必要です。

年間検査費用 12,000円(税別)
片眼のみの場合も同額です。
レンズの更新(必要時) 1枚 40,000円(税別)

当院スタッフが実際に体験しました

22歳、女性

<治療前の視力>
右0.04(裸眼)、左0.04(裸眼)

<治療後の視力>
右1.2⤴︎(裸眼)、左1.2⤴︎(裸眼)